中島町の紹介

中島町はこんな場所

位置

七尾市中島町は、石川県能登半島の真ん中、七尾市の北側に位置します。面積は七尾市の約1/3の面積でおよそ100k㎡あり、東に『天然のいけす』と呼ばれている七尾湾、3方を緩やかな山に囲まれた静かで自然豊かな地域です。
 穏やかな山々、広がる田園風景、静かな海、七尾湾に包まれた中島町は、まさに日本の原風景と言えます。
 遥か昔から連綿と受け継がれている『能登の暮らし』が評価され、平成23年6月には、能登の里山里海が世界農業遺産に認定されています。

中島町の歴史

中島町には最古のもので縄文時代の遺跡があり、古くから人々が住んでいた地域です。紀元前100年には米作りも始まり、現在まで絶えることなく現在まで受け継がれています。
 古墳も数多く残されており、豪族生まれこの地を治めている様子が伺い知れます。
 平安時代には大伴家持が訪れ、中島町にちなんだ和歌を5首詠まれ、万葉集に残されています。
 その後、鎌倉、室町に続き昭和に至るまで様々な形で集落が形成され、昭和29年の中島町誕生時には、西岸村、釶打村、熊木村、中島村、豊川村、笠師保村の特色豊かな6地区が合併し中島町が誕生しました。
 それから54年後の平成17年には、能登島町、田鶴浜町、旧七尾市と合併し、新たに七尾市が誕生し、現在に至っています。

古代から中世にかけて中島地区一帯は「熊来郷(くまきごう)」と呼ばれていた。

1954年(昭和29年)3月31日    西岸村・釶打村・熊木村・中島村・豊川村・笠師保村が合併して発足。

2004年(平成16年)10月1日   七尾市・田鶴浜町・能登島町と合併し、改めて七尾市が発足。自治体としての中島町は廃止。

中島町の特産品

中島菜

 中島菜は、アブラナ科の葉野菜で、古くから中島町で秋から春先にかけて栽培されています。
 独特の風味があり、漬け物やみそ汁、炒め物などにされ、地域の人に愛されてきた食材です。近年では、血圧を調整する成分が認められ、健康野菜として注目を集めています。
 地元以外ではほとんど出回らない野菜で、能登ではJA能登わかばの中島菜部会がその品種を守っています。訪れた際には是非ご賞味下さい。

牡蠣(かき)

中島町地域で水揚げされる能登牡蠣は、明治30年頃に始められました。その後養殖の研究が進められ、現在では日本海側で最大の水揚げを誇っています。
 中島の能登牡蠣は、中島の山々から注ぐ美しい河川が育んだ、ミネラル豊富なプランクトンを餌に成長します。
 そのため、成長が早く、わずか1年で出荷が可能となっています。色は綺麗な白色で、味も風味も良く、肉厚で甘みが多いのが特徴です。  
 食べられる時期は、10月ごろから4月末頃です。一般的に牡蠣は1月~2月が旬とされていますが、実は能登牡蠣のおすすめの時期は3月~4月。大きく肉厚、濃厚で、食べ応えがあると地元で喜ばれています。おすすめです。

中島町の祭り

中島町は祭りが大変多い地域です。地域内には神社が4つの本社、38の末社とあり、それぞれの神社での地区の祭り(春祭り、秋祭り)と、いくつかの集落が集まる寄合祭りが夏と秋に2回ずつ行われています。